10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

伯剌西爾(ブラジル)移住生活日記

ブラジル生活の夢が叶った日

日本からブラジルに来るときに、ブラジル生活における夢・目標がありました。
その中の1つに

日本で出会ったブラジル人の生徒さんにブラジルで会うこと

私は日本にいたときに、在日ブラジル人の方にボランティアで日本語を数年間教えていました。
その生徒さんの中でも特にプライベートでも仲良くしていたのが今回のワールドカップ観戦
の際にお世話になったMでした。

Mはとっても明るくて一緒にいると、とても楽しかったです。
日本では一緒に子どもたちと川でバーベキューをしたり
教会に連れて行ってもらったり
家にもお泊りさせてもらったり
楽しい想い出がいっぱい。

しかしある日突然
「イマ ナリタ コウクウデース!」
ブラジルに帰ると電話がかかってきました。
このままブラジルに戻ってずっと暮らすのか、日本にまた戻ってくるのかは
未定の帰国だったので
お別れを言うべきなのかもわからず^^;
なんともまぁブラジル人らしい計画性がない帰国だわ~
しかも空港から電話って(笑)!驚きすぎて、寂しいって思う暇もなかった。
それ以降Mのブラジルの連絡先はわからないまま時が過ぎました。

Mがブラジルに帰国し、3年ほど過ぎて共通の友人がMの連絡先を
教えてくれて、早速Mに連絡しました。
Mと夫は私達が結婚する前、日本にいるときから面識があったので、
私が彼と結婚して、ブラジルに住んでいることをとても喜んでくれました。

そしてその1年後、大好きだったMについにブラジルで会えることになったのです~^^
ワールドカップを見に行きたかったのもあるけど
半分はMに会いに行きたかったのもあり、絶対レシフェ―に行きたい!
と夫に頼み、実現しました。

P1080960.jpg

summereyes今日うち泊まる?

なーんて言っていたかわいいくるくる頭の息子ちゃんJも
9歳になってはみかみボーイになってた。
出会った当初は2歳でした。
日本語(三河弁)がペラペラだったけれど日本語は
ブラジルに帰ってきてからすっかり忘れてしまったそうです。
でも私のことも覚えていてくれたし、アンパンマンを見て
懐かしい!なんとなく覚えてると言ってました。

ブラジルで生まれた次男坊Yは初対面。
とても好奇心旺盛で、うちのファビ子と気があった
ようで、二人でままごことして遊んでました。

P1090031.jpg

私達が日本語で話してると
なんて話してるか気になるようで
「ポルトガル語で話しなさーい!」
と言ってて可愛かったです^^v

Mが毎日神様に「日系人と結婚できますように」
とお祈りして、願いが叶ったという
日系人の旦那さんと二人の子供と幸せにブラジルで
暮らしていて嬉しかったです。

cabo de Santo Agostinhoでは
しょうゆ、日本米くらいしか手に入らないので、その他のものは
実家のあるバイーアから取り寄せているそうです。
Mの家にはお土産として
リクエストのあった日本のお菓子、みそ、ほんだし、うめぼしを持って行きました。
息子たちを差し置いて、持ってきたお菓子はほとんどMが食べました。
そして私の夫が味噌汁を作ったときに
ほんだしを惜しみなく入れていると
「あー!もったいない!もうちょっとでいいよ!」
ここでは日本食材は貴重だから、ちびちび大切に使いたいのね❤
サンパウロに遊びに行くときはリベルダーデに言ってみたいという。
サンパウロ生活は本当に日本食材に関しては恵まれているなぁと実感しました。

それから、Mの夫と子供たちはカレーが好きだけどMは嫌いだと
いうのでハヤシライスを作りました。
M以外からは「まぁまぁ」との評でした^^;
ハヤシはハヤシで美味しいけど、やっぱりどっちかっていうと
カレーの方が確かに美味しいよね!

Mは日本のパン工場で働いていたときに毎日カレーパンの匂いを
かいでいたので、それでカレーが嫌いになったそうです・・・

Mは相変わらず面白かったです^^v
新しい想い出の1ページができました。

P1090283.jpg

本当に会えて嬉しかった!またいつか遊びに行くからね!
次の再会が楽しみだなぁ。

こうしてブラジル生活4年目に1つの夢が叶いました☆

やはり、縁がある人とは地球のどこにいても会えるんだね。

いつも見てくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています
是非クリックしていって下さい

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

おばあちゃん、ありがとう

2月6日に夫のおばあちゃんが亡くなりました。

おばあちゃんは数年、パーキンソン病を患っており、
インダイアツーバの老人ホームに入居していました。

その間私達夫婦はよく訪問して巻きずしやまんじゅうを持って
おばあちゃんと一緒に食べたり。
クリスマス会やフェスタ・ジュニーナに参加したり。

P1050130.jpg 

私は一緒に過ごしたのは3年間という短い間だったけれど
楽しい思い出がいっぱい。

おばあちゃんと撮った最後の写真
P1060839.jpg 

看護婦さんの話によると亡くなった当日は朝ごはんをしっかりと食べ
昼ごはんに起こしにいったら、そのまま眠るようにして逝ったそうだ。

おばあちゃんがいなくなってしまったのはとても寂しい。
しかしながら
最期まで寝たきりではなかった。
苦しまなかったこと。
亡くなる間際まで食欲があったこと。
昨年11月には88歳の米寿のお祝いも一緒できた。
P1060187.jpg 

ひ孫も1年間見せられた
P1040836.jpg 

大往生だったと思う

おばあちゃん、お疲れ様、今までありがとう

という言葉しか見つからない。

家族のプライベートのことなんで、老人ホームのことも
おばあちゃんのこともブログには今まで書いてませんでしたが、

遠い日本から一人の女性が36歳のときにブラジルに渡って
50年以上生きた証を残したかった。

そして、入居していた老人ホームのオーナーや看護婦さんがとても優しくて、
ここの老人ホームは評判が評判を呼び、どんどん入居者が増えている。
遠くブラジリアから来た人もいた。

P1020479.jpg 

そんな素晴らしい老人ホームがブラジルにもあることを
皆さんにも知って欲しかったのです。


この老人ホームにおばあちゃんがいないなんてまだ信じられない。
そして他のおばあちゃんや看護婦さんたちとも
これで縁がなくなるのは私もすごく寂しいので
これからも時々訪問することにしました。
ファビコのことをかわいがってくれていたし、きっと癒やしにもなるだろう。

P1050139.jpg 

葬儀では同じように海を渡ってきた日系人の方に大変お世話になりました。
皆さんそれぞれ苦労して、日本人同士、助けあって生きてきたんだな
と感慨深いものがありました。

P1060982.jpg 

私も強い心ざしを持って、ここ、ブラジルで強く生きていこう


いつも見てくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています
是非クリックしていって下さい

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

菌玉夫妻をNATALへ見送る会

ブラジルブログにて
仏教のためになるお話やゲットーギリギリ生活の
日常を発信し続けてきたゆきゑさん(←リンクあり)

「海の側で飲食店と仏教サロンを開く」

という夢への第一歩を踏み出し、ついに
ブラジルの東北地方NATALにお引っ越しされました。
(早速素敵な海の写真がUPされています!)

菌玉夫妻は海外での仏教布教のために
一家3人でブラジルに渡って来ました。

癒し系僧侶であるWelderさん
ビキニと太陽が大好きなゆきゑさん
しっかり娘のUちゃん

しかしながらが配属された
寺院は儲け主義経営の寺院・・・

彼らは日本へ帰国するという選択肢を選ばす、
ブラジルに住むことを決めたのです。

そして再び0からのスタート。
ブラジルにて真の仏教布教を目指すべく、
夫妻は会社員となり、夢に向かって懸命に働きました。

次第にゆきゑさんのブラジルブログでの絶大な人気も手伝って、
夫妻の周りにはたくさんの日本人が慕い、集まってくるように
なりました。

サンパウロ郊外の夫妻宅のベランダには毎週のように
ブラジル在住の日本人が集まり、
夫妻の手作り料理、おもてなしに心を溶かされます。
「ベランダ宴会」はいつしかサンパウロの代名詞となったのです。

今、夫妻が夢への実現に近づくことができたのは
二人の人徳はもちろんのことですが、
お金儲けの為に宗教を利用し、平気でいる人達が多い中、
二人はどんなに大変でも「真の信仰心」を持ち、
貫いてきたからこそだと私は思います。




11月9日(土) サンパウロ 某所

二人を慕う仲間たちが集まる
見送りの宴へ行って来ました♪

サンパウロで会えるのはこれが最後。
私達は1年ぶりに夫妻に会いました。

その様子をちょっぴりレポート。

P1060113.jpg

ひげを触るのは初めてなので、welderさんのひげに
興味津津のファビコ♪

ゆきゑさんのベランダに初めて行ったのは、
ファビコの妊娠発覚当時でした。
あのときお腹にいた子はこんなに大きくなりました。
そして「白ビキニのゆきゑさん」から「緑のビキニ」
のお祝いを頂きました。
いつかNatalの海でゆきゑへ白のビキニを、
ファビコは緑のビキニを着て一緒に遊ぶのが楽しみです。
P1060111.jpg

1年前にゆきゑさんが招集した「サンパウロ宴第一弾」
のほとんどのメンバーがきました。
変わらず元気な皆との再会も嬉しかった!
P1060116.jpg

「友、遠方より来る、また、楽しからずや」
P1060119.jpg

ブログでやり取りしたことのあった
あちゃさんやこゆきさんとも実際にお会いできた。
ゆきゑさんのおかげでまだ縁がつながったよ☆
P1060109.jpg

summereyes&菌玉夫妻との想い出♪リンク@サンパウロ
BAR菌玉へ♪
サンパウロ宴、ラスト報告!

サンパウロでの楽しい想い出をありがとうございました!
またナタウでも想い出の1ページを少しずつ増やして行かれることでしょう。
そしてサンパウロのベランダのようにナタウでも
たくさんの人が集まり、いつも笑顔で溢れているに違いありません。

菌玉家の皆様の成功と幸せを心よりお祈りします。

いつも見てくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています
是非クリックしていって下さい

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


さよならのあとのこんにちは

今年になってから、ブラジル在住の日本人のお友達が3人立て続けに日本に帰ってしまった。

私がここ、インダイアツーバで仲良くさせてもらっているお友達はほとんどが
駐在なので、いつか別れがくることはわかっているけれど

いざとなると寂しいわぁ・・・・

と思っていたら

ブログにインダイアツーバに住んでいる方からコメントがあった。
彼女とは来週ランチに行くことに。

新たな出会いが楽しみだ。

先週の土曜日は、このブログを始めたころからずっとコメントくれて、
メールなどで頻繁にやりとりしていた ぽんさんと初対面を果たした。
とても楽しいひとときだった。


さよならのあとには、「こんにちは」がまたやってくるのだなぁ。


全く会ったこともない、知らない人のやっているブログに
コメントしてくれたり、会ってくれるということは
最初はとても勇気のいること。

その勇気と出会えた縁に感謝したい。

ブログやっててよかった!と思える瞬間。

ブラジルに住んで2年、ブログを通して実際会えた日本人の方は、
もうすぐ10人くらいになる。
しかも出会えてよかったと思う人ばかり。

このブログを見て声をかけてくれた皆様、本当にありがとうございます。

永住の私は日本に帰る友達を見送くることばかりがどうしても多いけれど

日本に私が帰ったときは絶対にまた会える、
という期待と願いを込めて、さよならは絶対言わない。

新たな出会いがあって、またいつかは来るさよならもあるけれど

またここ(ブラジル)で待ってるよ
またあっち(日本)で会おうね

と元気に見送りたい。

日本に帰ってしまったお友達、かけがえのない思い出をありがとう。
出会えてよかった☆

いつも見てくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています
是非クリックしていって下さい

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


新年早々、ストライキ!

皆様あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!
仕事をされている方はもう今週から仕事ですね。
私も日本語教室を今週から再開しました。
お互いがんばりましょう!
私は出産まで頑張ります



ブラジルで初めて過ごすお正月は夫家族と一緒に
おせち料理やお雑煮を食べて楽しく過ごしました



・・・・・・と報告したいところなんですが

実は私、新年早々、これが初となる家庭内ストライキを起こし
プチ家出もしまして、
人生最悪なお正月となってしまいました。

ま、事を起こした私がそんなことをしなければ
そうはならなかったんですがね・・・・

ようやくこのように笑いネタとしてブログにも書けるようになったところです。
それではsummereyes家の修羅場劇場をお楽しみください。

1日の朝は私の計画通り、
お雑煮の材料を切って、夫の家族に持って行ってもらう手土産の餅を作り、
あとはおせち料理を解凍して
その間は家族が来る前に年内にできなかった台所の床と玄関を掃除するだけ!

夫は前日の大晦日に
「私、鳥を焼く」
と言っていたので、準備すると思いきや、

朝起きて一番、ipadに夢中。

私「鳥は?」
夫「・・・・・・・」
私「ねぇ、鳥!!!!!」

それでようやく動き出す・・・・

新年はきちんと掃除をして、そして新たな気持ですっきりして
家族を迎えたい。


でも夫は全くそんな気持ちがなく、新年だろうがそうでなかろうが
部屋が汚くても、自分の洋服や靴下がぬぎっぱなしでも平気。
やるべきことも相変わらずギリギリにならないと動かない。
年末までに終わらせて欲しいことも休みだったのにも
関わらず年明けまで持ち越し。

夫「何か手伝うことない?」と聞くので
私「キッチンの床掃除をして」
夫「掃除道具はどこ?」←普段やらないから掃除道具の場所の1つ知らない
 「OMOはもうない?」←それ衣類洗剤ですけど、それ撒く気?
私「Agua Sanitariaを撒いてね」

すると夫は水も撒かずにAgua Sanitariaだけでデッキブラシでこすり始めた。
はじめに水をまけば大半の汚れは落ちるのに。
私がホースで水を出し始めると

「家具が濡れる―!」
と文句を言い出した。
ちなみに家具類は床についてはおりません。

水を撒こうが撒かまいが、
デッキブラシでこすった時点で少なからず家具は濡れるのだ。
「あとから拭けばいいから、言うとおりにやって。いつも私がキレイに
やってるんだからその通りにやって」

というとまたブツブツ文句を言い出す・・・・

プチっと切れた私は
「自分の家族を迎える行事だろーが!!!!
 こっちは体がきついから数日前から料理も準備してたのに
 そっちは何も知らないで、もっと前からやるべきことやれよ!!!
 人任せにせず、今日一日 料理の準備から仕出し、片付けまで
 自分1人でやってみろ!!!私、夕方まで戻らないから。」

この時、夫の家族が我が家に来る1時間程前の出来事。

もちろん、なんら罪もない夫のおばあちゃん、両親には申し訳ないと
思ったけれど、こうでもしないと夫は何もせず、私の気持ちも分からない
だろうと思ったし、ここ数日の怠惰な夫の言動と態度で、何もかも嫌になってしまったのだ。

夫が仕事で、年末でなければ家事や掃除も別に手伝ってくれなくてもいい。
ただ、21日からずっと夫は仕事が休み、そしてそのほとんどをipadのゲームか、漫画を読むか、
飲みに行くかして大半を過ごしていた。
「何か手伝う?」と言ってくれるのはいいけれど、
「これして、あれして」と指示すると、ぶーぶー文句を言いながら手伝う。
そして私が妊娠してからずっとなんだけれど、何か都合の悪いことを言うと
「ファビちゃん~~~ママに怒られた~」
「ファビちゃん~~~ママが厳しい」
「ファビちゃんはパパの味方だよね?」

とすぐにお腹の子を味方につけようとするのです。

彼にとって「ママが厳しい」とは、例えば、どの程度かといいますと、
仕事から帰ってきて友達とBARに行くという。さらにその後は
私の日本語の生徒さん(夫の友達)の授業が終わったら、彼とも家で飲むつもりでいる。
1週間以上前から片付けてって頼んでおいた書類の片付けを放置しているので
「紙の片付けいつやるの?やることやってないんだからBARか家で飲むのどっちかにして。
それから飲酒は紙の片付けをやってから」
というと「ファビちゃん~」なのです。
ええい、うっとうしいっ!
私厳しいですか?全然厳しくないよね!?
仕事の書類関係は私は片付けようと思っても手のつけようがないのです。
そして飲みにいくことがかかっていると思うと、ものすごいスピードで
片付けし始めます。普段からそのくらいのスピードでやればいいのに。

大晦日の日も、台所の上の方の棚の掃除、哺乳瓶を出し入れしやすい所に
しまうために、整頓を手伝ってもらっていたのだが、途中で

「ねー、もう私降りたい~~~~~」

と言い出す。
高いところの整頓。
お腹が大きくなかったらそんなこと最初から自分でやっとるわー!!!!

年末に新たな気持ちですっきり整理したい、というのもあるけれど
来月にはファビちゃんももう産まれてしまうので、産まれてしまったら
掃除も整理整頓もなかなかする時間がない、だからこそ今のうちに
いろいろとやっておきたいというのもあったのだ。

そんなこんなでたまりにたまったストレスが爆発してプチ家出することに。

「勝手にすれば」
と言われたので

絶対、夕方まで戻らない。
と決め家を出たのです。
夫は絶対私がそれより早く戻ってくると思ったに違いない。

何故ならブラジルはショッピングセンターもレストランもどこもかも、
クリスマスと同じようにお正月もお休みになるからだ。
出ていったってどこも行くところはないはずだと・・・・

家を出た私は悔しくて泣きながら公園へ。
メソメソしながら木陰でベンチに座ったり、ぼーっとして過ごしていた。

お昼の時間になってからは、クリスマスの時に
中国系のランショネッチのお店は開いていたことを思い出して、
そこであれば正月もやっているだろう、と行ってみるとやはり営業していた。

その店は安くて、その割になかなか美味しかった。

ブラジルで過ごす初のお正月の昼はそこで1人寂しく 
パステルとハンバーガーを食べました。


(うちの夫と違って中国人はクリスマスもお正月も働いて偉いなぁ
 しかもこんなに安い値段でてきぱき働いて・・・・)

16時過ぎに家に戻ると
夫の家族はすでにサンパウロに帰り、
夫の友達が1人来ると言っていたので、来ていたた様子だった。
しばらく家にはいらず外のドアの前で様子を伺っていると
夫が友達と談笑しているのが聞こえてきた。

ドアを開けると夫は何事もなかったように
「おかえり~」というので無視。

「どこいってたの?みんな心配してたよ、私 3回も探しに言ったんだよ!!!!」

と言われたが、無視。

(出ていった瞬間追いかけてきた訳でもないのに
見つけられるわけないじゃないか、それに家出するのに行き先告げて行くバカはどこにもおらんわっ
心配してたとか言いながら、ついさっきまで友達と笑ってたじゃねーかよ!!!)

夫が部屋に入って来ようとしたので

「てめー!まじで入ってくんな!!!!」
と跳び蹴りをし・・・・
精神的に落ち着くまで1人でしばらく部屋に閉じこもる。

少し寝て、シャワーを浴びて冷蔵庫を見ると
私が作った田作りと紅白なますは冷凍保存バッグに入ったまま。
正月に食べるものはすべて冷蔵庫の同じ段に入れておいたにも
関わらず。

「もう全然作った意味ね~や」

とまた何もかも嫌になり

食べ物を粗末にしてはいけないことはわかっているけれど
夫へのあてつけに紅白なますと田作りをリビングにぶちまけてやりました。

ま、もう一度いいますが、私がストライキを起こさなければよかった話なんですけどね・・・

ちなみに夫が自分で作ると言っていた鳥も
焼いたけどオーブンから出し忘れて食卓に出なかったそうです。
私は肉を食べないので、夫は
「1人じゃ食べきれない」と結局、数日後に捨てるハメに。

年神様、ごめんなさい・・・・

夜は1人寂しくおせち料理と雑煮の残りを食べました。
また悔しくて涙が止まりませんでした。
私、おせち料理なんて甘いものばかりで特に好きでもないし
日本にいたときも煮物くらいしか食べてなかった。
それでもブラジルで過ごす初のお正月を家族みんなで過ごすのを
楽しみにしてたし、おせちもはりきって作ったわよ。
でも何もかも無駄になった。
そこへ夫がやってきて
「ごめんね・・・・・」
と言うけれど、とにかく感情が高ぶっていたのでsummereyesはとっても
Perigoso(危険)な状態で
「顔も見たくないからあっち行けーーーーー!!!」
と追い払い。

いつもは喧嘩してもすぐに仲直りしますが
今度という今度はすぐに許したら、同じことの繰り返しだと思い、
お正月の三が日、ずっと私は夫と口を聞きたくもない、顔も見たくない状態で
「うん」「あ、そう。」「ふ~ん」としか返事してませんでした。

そして、料理、皿洗い、洗濯「しばらく自分のことは自分でやって」
と家事のストライキを宣言。


夫は私の機嫌を取るために
「ファビちゃんとsummereyesちゃんにお土産をかってきた」
と日本食材店で20レアルもするせんべいを買ってきた。
(↑最近、日本食材がいろいろ値上がっててびっくり。)
せんべいが欲しいなんて言った覚えはないし、
20レアルのせんべいを買ってくれるよりも最低限自分のことをやれるように
してほしいんだけど・・・・・
あと1ヶ月したらファビちゃんが産まれるんだぞーーー。
その前に家の中のどこに何があるかくらいはきちんと打ち合わせしておかないとな。

7日から夫は仕事に戻ったので家事ストライキを終了しました。
頼んだことについて文句を言わなくなりましたが、私の機嫌が元に戻った途端、
それ以外の時間は相変わらずipadでマンガやゲームを見ながらゴロゴロ(笑)

そして昨日は家庭内ルールをつくりました。
例えば 「使ったものを出しっぱなしは、1つのものにつき20レアルの罰金」
などです。
6つの条項を提案し、サインを求めたら
「えー20レアル高い!」「有効期限はいつまでか」「サインしたらご褒美あるか」
というので
「サインしなかったらこの条項の内容Facebookにアップするからね!」
と言いサインをさせる私・・・・
できたらご褒美どころか、できてあたりまえの内容ばかりだからです。
洗濯物は洗濯カゴの中に入れるとかね・・・・
それに夫は決してケチな性格ではないので、罰金を5レアルなどに安く
したら、支払えばそれで済むからいいや、となるのを防ぐために
あえて高く設定したのです。
早速爪切りが床に出しっぱなしだったので
「ファビちゃんがハイハイし始めたらどうするの?」
と言ったらそそくさと片付けました。

こんな感じですったもんだと2013年の幕開け。
普段はラブラブ夫婦ですが、時にはこんな喧嘩もするんですよー
今回は今までにない私の怒りっぷりでしたが^^;
まだまだ未熟ですが、2013年も私達夫婦をよろしくお願いします!

いつも見てくださってありがとうございます! 
修羅場が面白かったら 
是非クリックしていって下さい
 
 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ 

 
人気ブログランキングへ 







プロフィール

summereyes

Author:summereyes
2010.3 日系2世の夫と結婚
2011.1 ブログスタート!
2011.4 サンパウロ州へ

ガイドブックには載っていない
現地よりブラジルの生の声、
情報をお届けします。

ブログランキング参加中

お役に立ちましたら是非クリックお願い致します FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
8位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる