02
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
17
20
21
22
23
25
26
27
28
   

伯剌西爾(ブラジル)移住生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルと日本、どっちで子育て?

今回でブラジルと日本の子育ての比較シリーズ最終章です。

このブログをはじめてから、たくさんの在ブラジル日本人の方に
知り合うことができました。
その中には私のように永住組もいますし、
すでに日本に本帰国してしまった方もいます。

子育てに関しては本当に人によって感じ方が違います。
「ブラジルのほうがよかった、ブラジルまた住みたい」
「ブラジルの方が気楽」
「ブラジルで子育てしてるけど、日本の方が断然いい!」

そしてブラジルの教育や環境に疑問を持って、離婚されて
日本に帰ってしまった方もいらっしゃいました。

どちらの立場にいる人にも読んでもらえたら嬉しいです。
それからこれからママになる人にもね!

日本と、ブラジルどっちで子育てするのがいいか?

私が悩んでいる時、どちらもよーく考えた結果、
答えはでなかった。

答えはないと思います。
どっちでもいい。


感じ方の違いはあれど、
この答えは本当はどんな人でもそうだと思う。

日本が子育てをしやすい、とはいえ、私はたった2ヶ月日本で子育てを
したから、いいことしか見えていないと思う。
日本で暮らす、という選択をし、日本で子育てしたらしたらで、
何かかしらの不満が出てくるだろう。
前回記事を書いた時に日本の子育ての良い点よりも、
日本の少子化、矛盾点、の記事の方がコメント、FB共に反響があって
日本は子どもに対しての目が厳しい、ソフト面は全然先進国レベルじゃない
という日本で子育て中、またはブラジルと日本の両方で子育て経験が
ある方からたくさんの意見を頂いた。
私が知らなかった悪い面もたくさん知った。

ブラジルであろうと、日本であろうと、世界中のどこにいても
良いこ点も悪い点もある。それからリスクも。
子育てだけに言えることじゃないよね。

一番大事なことは子どものために親が愛情を注ぐのはもちろんのことだが、
どんな環境に置かれていても、我が子のために自分が何ができるのか?
足りない環境であれば代わりに何をしてあげられるか?

考えたほうがいい。



大切なのはどこで子育てするかではなく
「どんな子に育てたいか」

の方が重要だと思ったのだ。

どこにいようと親というのは子どものことを心配するし、悩む。
それは決して悪いことではない。
例えばもし、私が日本で子育てしたらこういうことを不安に思い、心配するだろう。
地震、原発、いじめ、自殺、学級崩壊、ロリコンによる下校時の誘拐
ブラジルであれば
交通事故、ドラッグ、強盗、強姦・・・など

安全に気をつけて、その国の良い所、良い環境へと導いてあげる
それが自分ができることだ。


それから、私がブラジルに来たときの目標を思い出したんです。
夫みたいに、「日本人とブラジル人のいいところを持ち合わせている人材を育成すること」
あと日本でブラジル人の子供と日本人の子供の教育に携わっていたとき感じていたこと。
それはブラジル人の子供は日本人の子供に比べて愛情表現が上手で素直だということ。
それを見て、子育てするなら絶対ブラジルだ!と考えていた数年前までの自分。
私にとってはブラジルで子育てするのがいいんだ、
悩みのトンネルから抜けた時に、日本の子育てしてる人が羨ましい、と思わなくなった。
しかし、ブラジルでどうやって子育てこれからしていこう、と長い間悩んだ
期間は無駄でなかったと思う。

ブラジルで子どもに優しくしてもらえる度、だんだんとまた
ブラジル生活が今まで通りまた好きになってきたし、
この国で子育てしていく楽しみでならないのよ。
今はそんな心境です。


❤ブラジル育児で悩んでいる方への処方箋❤

1)家族全員が幸せでいられる方法考える

どこで住むのが家族全員の幸せになるのか。
どちらに住むか真剣に悩んでいる方は家族の意見や
考えが一致しるということが大切だと思います。

ブラジルに住んでいたけれど、ブラジル人の旦那さんも日本がよくて、
日本に住むことを決めた方もいます。

―私はもし家族3人で(もしくは私とファビだけで)
日本に住むとしたら・・・と想定しましたが
あまりに非現実的で家族全員の幸せにはならないと思いました。

例えば家族全員で日本に住む、となると
また大掛かりな引っ越しになります。
それから夫の仕事はどうなる?
せっかく夫がこちらで仕事を頑張っていて、
ある程度安定しているのに自分の、子供の都合で
日本の方がいいというのはあまりに短絡的な考え方だ。
そんなサゲマンには成り下がりたくない。
そして夫と不仲というわけでもないのに子供の教育環境のため
だけにブラジルと日本で別れて暮らすのは非現実的すぎる。

もともとがポジティブシンキングなだけに、
ブラジル育児のことで、
ネガティブシンキングになってたときの自分もすごく嫌でした^^;

2)ブラジル育児に期待できることを考える

―ブラジル育児のメリットはここだ!―

私がブラジルでこういう子供に育って欲しいという理想もあります。
だから親も努力しないとメリットは受けられないけれど。

・親が使わない限り、「死ね、うざい」とか日本人の子供がよく言う
汚い日本語を覚えません。

・日本に住んでいたら、相当努力しなければ、
英語、ポルトガル語、日本語の3ヶ国語を
ブラジルにいるよりも覚えないでしょう。

―我が家の場合、家での会話は100%日本語なので、
日本に住んでいたら、日本語しか話せなくなるでしょう。
ポルトガル語は難しいけれど、他の言語を勉強するときに
絶対に役に立つので英語よりも絶対にきちんと習得させたい。

・子供、お年寄り、女性に優しい子に育ちます。

・肌と肌のコミュニケーションが多いので、たくさんの人からの愛情を受けられます。

・小さいときから色々な人種の方と接するので、
 差別意識が日本にいるよりも少なくなります。

・児童館がなくても、ファゼンダやシチオ(農場)がたくさんあります。
馬、牛もその辺にいっぱーい。

・日本食とブラジル食が食べられると、様々な食材から栄養が取れます。

・・・と私はまだブラジルで2年しか子育てしてないので、
今のところ思いつくのはこの限りです。

ブラジルで育児経験のある先輩ママさん、
ブラジルで子育てしてここがよかった!
と他に思うことがあれば是非教えて下さいね。


日本とブラジル、環境は違うし、悩むこともあるけれど
お互い頑張りましょう!



これまでのお話 リンク有、クリックすると飛びます♪
ブラジル仰天子育て
ブラジル子育ての素晴らしい点
ブラジル子育て不便な点 
少子化の日本、矛盾点
日本の子育ての良い所

いつも見てくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています
是非クリックしていって下さい

 にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

プロフィール

summereyes

Author:summereyes
2010.3 日系2世の夫と結婚
2011.1 ブログスタート!
2011.4 サンパウロ州へ

ガイドブックには載っていない
現地よりブラジルの生の声、
情報をお届けします。

ブログランキング参加中

お役に立ちましたら是非クリックお願い致します FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。