02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
   

伯剌西爾(ブラジル)移住生活日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジカ熱には冷静な心で

みなさん、ずいーーぶんとご無沙汰してしましました。
実は昨年末から我が家にいろいろなトラブルが起こり、
そしてプライベートもぐんと忙しくなったために、
ブログはおろか、FBなども全然タッチできなかったんです。

トラブルはほぼ解決の方向に向かってます!
これも話せば長い、しかしこのザ・ブラジル的トラブルは
ブラジルブログネタ的にはおいしいので後々にお話しするということで・・



今更ですが、メリークリスマス!あけましておめでとうございます。
昨年、今年は毎年続けてるブログでも挨拶もおろそかになってしまい
申し訳ありませんでした。


今一番ブラジルでホットな話題と言えば
来るオリンピックでもなく・・・・
ブラジルだけでなく全世界でパニックになってる

ジカ熱

日本、海外の友達からも大丈夫ー!?って心配の声をいただいたので
久々の更新はやっぱり気になるジカ熱について少し自論を交えて
お伝えしようと思います。
日本でも数日前感染者が出たしね。

なぜこんなにパニックになってるかっていうと

妊娠中にジカ熱にかかると子供が小頭症になる可能性


これが一番人々が恐れているからではないでしょうか。

そろそろ第2子を・・と思ってるので
ジカ熱についてはそれ相当調べました。
時には海外の医学論文ちっくな頭が痛くなりそうなものまで。

小頭症との関連については

デング熱を壊滅させるため、遺伝子操作をした蚊のせいだ
ボウフラ退治のため飲料水に殺虫剤を入れたせいだ
ブラジル政府が2015年から妊婦に強制接種させた混合ワクチンの副作用だ


といろいろな説がある。

いろんな情報がありすぎてはっきり言ってどれが真実で
どれがデマが分からない状態。

でも不安になったり、惑わされるのはやめた。

私の中でなんとなく感じているのは

ブラジルのジカ熱はなにか臭い。
小頭症が産まれる原因は絶対に
ジカ熱だけが原因ではないはずだ。


なぜなら全世界で広がりを見せているジカ熱だけれど
小頭症の子供が産まれているのは
ブラジルだけだから。


ジカ熱は昔からある感染症なのになぜこの時期に?
ブラジルだけで小頭症が増えている?


冷静に考えたら絶対におかしい。

小頭症とジカ熱が本当に関係あるかですら怪しいが
ジカ熱が一つの要因だとしても、+絶対にもう一つの
何かの要因があるはずだ。

昨年からブラジルは不況に加え政治スキャンダルが
どんどんと明るみに出ている。
遺伝子操作の蚊、飲料水に殺虫剤、ワクチン
いずれかの原因がからんでいたとしても政府が叩かれるのは目に見えてる

だから政府は隠すか、ジカ熱のせいにすれば責任から逃れられるよね。

小頭症はまだ原因がはっきりと分かっていないが、
小頭症のことを除けば、ブラジルでは数年前からジカ熱よりももっと重篤な症状を
引き起こす可能性があるデング熱もある、そしてチクングニア熱
というのも1年くらい前から流行っている。

症状でいうとジカ熱よりこの二つの方がもっと重い症状として
現れるのに、なぜ生死にかかわらないジカ熱の方が
こんなにパニックになってるの?


って部分も疑問だ。

なんだかブラジルの小頭症を理由に
世界のメディアは世界中の人びとを
ジカ熱パニックに陥らせている気がするんだけど。

何これ、世界の人口を削減させるための
情報操作か?とまで思ってしまうほど。


このジカ熱パニックで
ブラジル政府は軍までだして殺虫剤散布に乗り出している
きっと製薬会社が待ってました!とばかりに
「ジカ熱ワクチン」などという胡散臭いものが
そのうち出るだろう。

私は

今のジカ熱よりも
このパニックにより今後現れる生物・
人間への弊害の方がよっぽど怖い。


※以上は私の自論です。
本当の事実はまだ先になってみないと分かりません。



ブラジルを渡航した日本男子高生がジカ熱に感染して帰ってきたという

ニュースの意見欄をみたら

無責任にブラジル行くな、とか他の人に迷惑、移すな。


まぁなんとまぁ意見書いてる人の方がよっぽど無責任で無知識だわと思ったわ。
この男子高生だって好きで蚊に刺されたわけでもないし、
ジカ熱になったわけじゃない。
お見舞いの気持ちをいうくらい思いやりがある人っていないのかね。

最近になってごくまれだけれど性交渉を通じてジカウィルスが移る
場合もあることが分かった。
しかし基本的にはデング、チクングニア、ジカはウイルスを持った人を
吸った蚊が媒介する

その蚊がこの男子高生にひっついて飛行機で一緒に飛んでくる
なんてことはほぼありえないし、
この男子高生はよっぽどのことがない限り他者へ感染させる可能性は低い。

だから日本でジカ感染者が出たからといって
大騒ぎするほどのことでもない。

ただパニックに翻弄されているだけ。

まずこのグローバル化社会で、人・モノが国境を越えて
移動してる中で、海外から感染症が入ってくるのは
もう当たり前のこと。


確かにこんなときにあえてブラジル選んで旅行に行くなって気もわかるけど
それじゃーブラジル駐在やわたしたち移住者はどうなんのさ。
駐在者や出張者はブラジルと日本と行き来することだってある。

生物の中で人間を一番殺しているのは蚊だという。

では殺虫剤まけば蚊は世界から撲滅する?
NO!
虫よけやってれば絶対に蚊にさされない?
NO!

むしろいつか人間に何かその弊害が還ってくるだろう。

日本だろうが、ブラジルだろうが、

自分ができるだけのことをして蚊にさされないように
なるべく対策をする


何をあがいたってできることは一つ、これしかない。

それが嫌なら蚊がいない国に住むしかない。

私が住む国はブラジル。
本当に最近の不況や感染症の多さは嫌だし
真実が分からないうちは油断はできないけれど、
なんとか気を付けながら蚊と共存するしかない。

日本のみなさんは操作的なニュースや情報には
惑わされず、冷静になってくださいね。

ちなみに私個人のところを心配してくださっている
方もいると思うので一応伝えておきますが、
私が住んでいる市ではまだジカ熱感染者はいません。
飲料水の殺虫剤散布もしてないし、おかしなワクチンは
今もこれからもやりません!

ブラジル東北地方の方ではジカ熱感染、
小頭児の出生が爆発的に増えているので
他人事とは思っていません。

彼らがブラジル政府の犠牲者でないことを
それから新たな犠牲者が今後増えないことを祈るばかりです。










スポンサーサイト

プロフィール

summereyes

Author:summereyes
2010.3 日系2世の夫と結婚
2011.1 ブログスタート!
2011.4 サンパウロ州へ

ガイドブックには載っていない
現地よりブラジルの生の声、
情報をお届けします。

ブログランキング参加中

お役に立ちましたら是非クリックお願い致します FC2 Blog Ranking  にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
人気ブログランキングへ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。