FC2ブログ

ブラジル生活にすっかり慣れたと思う瞬間10

日本では消費税が10%に上がったことで、連日生活への影響について
報道されていますね!

しかしながら。。。
全く動じない自分がいます。
消費税10%の値上がりくらい大したことではない
と思う程です。むしろ消費税10%はまだ安いとさえ
思えてくる。。。もちろん、住宅や大型家電の購入には
大きな影響ですけどね!!!

なぜならブラジルは!

消費税うんぬん関係なく、インフレが激しい国なので、
毎年物が値上がりするのは日常のこと。
昨日2レアルだったものが翌日にはいつのまにか3レアルとか
よくあります。

私のブラジル生活も8年目に突入。
すっかり慣れてしまって生活の不便も感じなくなってきた今日この頃。
最初は驚いていたり、慣れていなかったことも、
あ、なんだか私すっかりブラジルの感覚になってる!
と思う瞬間をみなさんと面白おかしくシェアできたらと思います。
日本とブラジルの色んな違いが見えてきます。
どちらかの文化を否定するのでもありません。

日本に帰国したときに特に感じることが多いですが。。。

1 日本のテレビに出ている人を見て歯並びの悪さが気になってしまう

日本にいた時は、他人の歯並びの悪さなんて全く気になりませんでした。
でもブラジルは歯並び悪い人がいないんです!!!

歯

歯列矯正、ホワイトニング、フロス使用の普及率など日本に比べ、
ブラジルは審美歯科もものすごく進んでいて、歯並びが悪ければ矯正は当たり前です。
歯並びがみんなきれい。。。それに目が慣れてしまったせいか、
日本のテレビインタビューで歯並びが悪かったり、八重歯の人を見ると
すっごく気になるようになってしまいました。

2 日本に帰国時、便器にトイレットペーパーを捨てて良いか躊躇する

ブラジルの排水管は細いので、トイレットペーパーペーパーを便器に流しては
いけないことになっています。ゴミ箱に捨てるんです。
嫌いな文化の一つなのですが、慣れてしまうと、日本に帰ったとき
トイレットペーパーを便器に流すときに、「捨ててよかったんだよね?」
と一瞬考えてしまいます。慣れるまで、流すことにいらない罪悪感を
かかえてしまう(笑)

3 日本の住宅を見て、こんなに敷居の低い壁で防犯上大丈夫なのか余計な心配をしてしまう

治安の悪いブラジルでは、アパートやコンドミニアムには24時間警備員がいて、
それ以外の普通の家は鉄格子に電子有刺鉄線、という住宅群に目が慣れて
しまいました。

家

そのせいか、日本はブラジルよりも治安が良いし泥棒も少ないと分かっているにも
関らず、あそこから泥棒が入れそう、とか余計な心配をしてしまいます。

4 小学生の徒歩通学に余計な心配をしてしまう

ブラジルでは交通、誘拐の心配があるので、学校の送り迎えは
どんなに家から学校が徒歩圏内だとしても、基本親が車でします。またはスクールバス。
自分自身も日本では小学1年生から徒歩通学をしていたにも関わらず、
自分の子どもには怖くて絶対にさせられない!
日本の友達の子どものことなのに、つい「ねぇねぇ、本当に大丈夫なの!?」
と事故や誘拐が心配でたまらなくなってしまう。

5 日本でスーパーに行くとレジのときうっかりかごから商品を出してしまいそうになる


ブラジルのスーパーはかごよりもカートを使うことが多いので、
ベルトコンベアーに商品を乗せて、会計をしてもらいます。
そのとき、お客が商品をかごやカートからベルトコンベアーに乗せるのです。
そして同じレーンで、自分で会計済みの商品を袋に入れます。

レジ

日本はかごからかごへ商品をレジ係が入れてくれますが、
ブラジルの癖で、ついかごから出してしまいました。
ドラッグストアなんかでは、会計済のものはそのまま袋に入れてくれますよね。
それでかごから出したら、
「すみませんが、会計した商品と分からなくなってしまいますので。。」
と言われてしまった(笑)そりゃ、そうだ(笑)

6 日本で友達や家族と会ったときハグをしないのが物足りない気分になる

ブラジルでは友達や家族に会うときと別れの時にハグとキスを必ずします。
女性同士、女性と男性の場合です。男性同士はしません。握手です。
それに慣れてしまったので、日本の友達や家族にあったら、ついハグを
してしまう、またはしないことに「しなくてもいいんだよね?」と心の中で
確認してしまいます(笑)

7 「大変ご迷惑おかけしました」に逆に申し訳ない気持ちになる

昨年ディズニーに泊まりで行ったときに、ディズニーホテルのお土産屋さんで
「昨日強風で、シーのショーが中止になってしまって残念でした」という話しになりました。
なんの話の流れでレジの方とそういう会話になったのかは忘れたのですが、
その時に「そうでしたか、それは大変申し訳ありませんでした」と、
とても丁寧に言われたのです。
苦情というわけでもなく、ただの世間話でしたが、
いやいや、天候だし、しょうがないし、しかもホテル従業員のあなたが
謝らなくてもいいんですよ!と逆に恐縮してしまいまいました。
ディズニーの従業員教育は有名だし素晴らしいことを物語っています。

ブラジルではお店側のミスとかでもすぐに謝らず、開き直ったり、
言い訳したりする人も結構多いので。。。(笑)あと、
「自分と関係のない部署のことは自分には関係ないし、知らない」
スタンスの従業員がとても多いので、会社全体のことに一従業員が
謝るなどとは絶対ないのです。
今はもうこの文化のことをよく理解しているので、怒れもしませんね。
あ、またか、そうだよね、って感じ(笑)

8 日本の女の子の足がめちゃくちゃ細く見える(見えるじゃなくて実際細い。)

これも、ブラジル人女性のムチムチの脚に目が慣れてしまったせいか、
日本に帰ると街ゆく女性の脚がみんな細く見える!
ブラジルではムチムチの太ももの女性の方がセクシーとされているので、
鍛えてムチムチにしているか、ただ太いかのどちらか。

9 大人も子どもも含めて日本人の洋服が地味に見える

ブラジルの洋服はカラフルなものが多く、お年寄りでもカラフルな
色彩のものを着ます。

子ども服HERING

子どもから大人まで、モノトーン系、コンサバ系を着る人が日本より少ないと思います。
子どもに関して言えば、日本では人気の「アースカラー」を着せる人はごくわずか。
男の子は男の子らしく、女の子は女の子っって感じで特に女の子には
中性的な色を好む人ってブラジルには少ないのです。





10 日本語がゆっくりに聞こえて落ち着く

同じ意味の文章をポルトガル語と日本語にすると、ポル語の方が長くなります。
その分、ポルトガル語の方が早口で相手に伝える必要があるため、
ポルトガル語は日本語に比べて話すスピードが速いです。
普段ポルトガル語を聞いていると、日本のニュースを見て、
話すスピードがゆっくりなので、聞いていると妙に落ち着きます。

みなさんのブラジル生活すっかり慣れたあるあるコメントもよかったらお寄せくださいね!

ブログランキング参加中!愛のある1クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

summereyes

Author:summereyes
2010.3 日系2世の夫と結婚
2011.1 ブログスタート!
2011.4 サンパウロ州へ

ガイドブックには載っていない
現地よりブラジルの生の声、
情報をお届けします。

ブログランキング参加中

お役に立ちましたらクリックお願いします!

YouTube チャンネル

子どもたちがブラジルのあれこれを紹介
チャンネル登録よろしくお願いします☆彡

訪問者数